【Opensea】世界一かんたんなNFTの作り方【いくらかかる?】

NFT
悩んでいる人
悩んでいる人

NFTを作ってみたいんだけど、なんか難しそう。かんたんに作る方法ってないかな…?

シュア
シュア

そんな悩みを解決します!

この記事を書いた人

たしかにNFTって、名前からして難しそうなオーラ放ってますよね?w

ましてや、そんなに知識があるわけでもないし。でも自分の絵をNFTで売ってみたかったり…。

今回は、世界一かんたんなNFTの作り方を解説していきます!

NFTはイラストのイメージが強いですが、音楽や写真とかもNFTにできますよ。

NFTの作り方はすごい簡単【ボタンを押すだけ】

シュア
シュア

NFT自体は、実はボタンをポチッと押すだけで、できるんです…すごい。

Openseaというサイトを使うんですが、知ってる人も多いはず。

世界最大規模のNFTマーケットですからね。

NFT化の手順としては、

  • ①:素材を用意する
  • ②:素材の説明を入力する
  • ③:ボタンを押す

これだけです。拍子抜けですよねw

ただ、この作業をOpenseaでやる前に準備しておかないといけないことが3つほどあるので、ちょい面倒ですが、やりましょう。
  • 準備1:仮想通貨の口座を用意する
  • 準備2:メタマスクを用意する
  • 準備3:メタマスクをOpenseaと接続する

すでにやってるよ!って人は、準備3から始めてください。

準備1:仮想通貨の口座を用意する

OpenseaでNFTの取引をするとき、手数料がかかってくるので、仮想通貨の口座が必要になります。

おすすめとしては、CMでもおなじみのコインチェックです。ダウンロード数がNo.1だったり、シンプルで使いやすいので。

以下の記事を参考に開設してみてください。

準備2:メタマスクを用意する

メタマスクはOpenseaに接続して、手数料を払ったり、作ったNFTを保管したりするものです。購入したNFTもここに保管されます。

コインチェックから仮想通貨をメタマスクに移して使います。

コインチェックが銀行口座だとすると、メタマスクは持ち運びしやすい財布に近いイメージ。

また、NFT関連のサービスだと、結構メタマスクが使われます。

準備3:メタマスクをOpenseaと接続する

Openseaにアクセスして、メタマスクと連携しましょう。

>> Openseaの公式サイト

サイフのようなアイコンをタップして、MetaMaskを選択

MetaMaskが起動するので、「次へ」をタップして、「接続」を押したら、Openseaと連携完了です。

OpenseaでNFTを作る方法

それでは、いよいよNFTを作っていきましょう。

素材をアップロードする

右上の「Create」をタップ

素材をアップロードします。

画像にもあるとおり、File typeが合えばほんとになんでもNFTにできますw

素材の説明を入力する

素材をアップロードしたら、次は説明欄を入力していきましょう。

  • Name:作品の名前。入力必須です
  • External link:この作品の詳細ページやWebサイトにリンクできます。持ってなかったら入力しなくてもOK
  • Description:作品の説明を記入してください。コンセプトやストーリーなど。なくてもOK
  • Collection:同じコンセプトの作品を複数出品するのであれば、Collectionを作成しましょう。作成の仕方は後述します

そのほかはとくに触らなくても大丈夫です。一応、説明しておくと、

  • Properties:キャラクターであれば、目の色とか髪型など、詳細が記入できます
  • Levels:これもゲームキャラクターをイメージしてもらえればわかりやすいです。レベルを記入できます
  • Stats:Levelsとほぼ同じ。キャラクターのステータスを記入できます(強さとか速さみたいな)
  • Unlockable Content:このNFTを購入した人のみが見れるコンテンツを設定できます
  • Explicit&Sensitive Contents:成人向けのコンテンツかどうか

すべて入力したら、「Create」を押します

これでNFTができました!(画像は適当に作ったたこです。絶対たこです)

コレクションの作成方法

同じようなコンセプトで作品をいくつも作る場合は、コレクションを作ってまとめたほうがいいです。

右上のプロフィールアイコンから「My Collection」を選択

コレクションを作らなくても、以下の画像のようにデフォルトで勝手に作られるんですが、名前とか説明がテンプレみたいになってしまいます。

売る上でも、ここはちゃんと整えておいたほうがいいですね。

コレクションを作るには、上の画像の青いボタン「Create a collection」を押すか、作成済みのコレクションをタップ、3つの点のボタンを押して、「Edit」を選んでください。

すると以下のような画面に移ると思うので、必要事項を入力していきましょう。

  • Logo Image :コレクションのアイコン
  • Featured image:Openseaのホームページやプロモーションで紹介されるときに使う
  • Banner image:コレクションのバナー

あとからいつでも変えられるので、バナー画像とかも今すぐに無理して作らなくて大丈夫ですよ。

  • Name:コレクションの名前
  • URL:Openseaで検索するときのコレクションの名前
  • Description:コレクションの概要
  • Category:CollectiblesとかでOK

  • Links:TwitterとかWebサイトにリンクできます
  • Areator Earnings:あなたの作品が売れて、2次流通したときに売れた金額のいくらをもらうか。0〜10%まで選べます
  • Your payout wallet address:メタマスクを接続しているなら、メタマスクのウォレットアドレス
  • Display theme:コレクションをどのように表示させるか。一番右がおすすめ

入力したら、「Submit changes」(もしくはCreate)を押して、コレクション作成完了です。

コレクション名とかが変わっていると思います。

自分の作ったコレクションに新しくNFTを追加したい場合は、Createの画面で、「Collection」をタップすると出てくるので、そこで選択しましょう。

 

OpenseaでNFTを売るときの注意点

NFTを作ることができたと思うので、次は実際に売っていきましょう!

売るのもボタンをポチポチするだけなので、簡単ですよ。

ただ、少し注意点がありまして、それだけ先に説明させてください。

  • 最初だけガス代がかかる
  • 値段や販売方法を変えるときもガス代がかかる

ガス代は、ブロックチェーン(イーサやポリゴン)の使用料みたいなものです。これが、コレクションの一番最初の作品を売るときにかかってくるんですよね。

みた感じだと、だいたい0.01ETH〜0.02ETHくらいですかね。(イーサリアムのブロックチェーンを使っていた場合なので、ポリゴンだとまた変わります)

それ以降は、どれだけ作品を売ってもガス代はかかりません。

なので、メタマスクにあらかじめガス代を入れておきましょう。

作ったNFTを売る方法

売りたい作品を選択してください

「Sell」をタップ

販売方法や値段などを決めていきます。

「Type」は販売方法です。

  • Fixed Price:固定価格
  • Timed Auction:オークション

最初はFixed PriceでOKです。

「Price」に販売価格を入力して、「Duration」=販売期間を決めます。

「Complete listing」を押すと、販売手続きに移ります。

この画面の状態で、メタマスクが起動するので、ガス代を確認して署名

しばらくしてもう一回、署名を要求されると思うので、署名します。

「↓」をクリックすると、「署名」のボタンが押せるようになります。

これで販売完了です!

なお、メルアドを設定していない人は、以下の画像のように「Manage account settings」というボタンが表示されるので、クリックして設定しておきましょう。

コレクションを見てみると、値段が付いていますね。

2作品目も同じ流れで販売できます。ガス代の部分だけなくなる感じですね。

売ったらセールスしましょう

これであなたもNFTクリエイターですw 一般人がNFTを作って売るだけでもすごいことですよ。

ただ、販売しただけでは、よほどの有名人とかでないと誰も買ってくれません。いろんな作品が溢れているからです。

なので、Twitterやブログを使って、宣伝しましょう!

ここまでお疲れ様でした。それでは。

 

タイトルとURLをコピーしました