OpenSea(オープンシー)の使い方をわかりやすく解説【NFTも作れる】

NFT
悩んでいる人
悩んでいる人

OpenSeaでNFTを買ったりしてみたいけど、どうやって使えばいいの?そもそもOpenSeaってなんぞ…。

シュア
シュア

そんな悩みを解決します!

この記事を書いたひと

NFTについて調べていたら、Openseaという言葉をやたら見かける…なんかOpenseaがいいらしいけど…みたいな感じだと思います。

今回は、Openseaとは?というところから、始め方や使い方をわかりやすく解説していきます!

これでOpenseaを使いこなせますよ。

Opensea(オープンシー)とは?

Openseaの特徴としては、以下のとおり。

  • 世界最大規模のNFTマーケットプレイス
  • 誰でも簡単にNFTを作って売ることができる
  • 色々なブロックチェーンに対応している

世界最大規模のNFTマーケットプレイス

NFTを売り買いするならOpensea、というくらい大きいマーケットです。

取り扱っているNFTの種類もたくさんあり、イラストや音楽、写真など様々。

NFTゲームに使われているキャラクターやアイテム専門のマーケットとかはあるんですが、ここまで幅広くはないです。

誰でも簡単にNFTを作って売ることができる

Openseaでは、NFTにする素材さえ用意すれば、簡単にNFTを作ることができます。これもすごいところですよね。

普通はプログラミングコードをカタカタやって、やっとできるNFTをボタン一つで作ることができるという…。

小学生がNFTアートを出品して、何百万も稼いだというニュースを見たこともあるかもしれません。その作品もOpenseaで販売されています。

OpenseaでNFTを作ってみたい!というかたは以下の記事で解説しているので、参考にしてみてください。

色々なブロックチェーンに対応している

ブロックチェーンってなんなの?というひとのために説明すると、改ざんやコピーが不可能に近いデータの仕組みだとでも思ってください。

仮想通貨に使われている技術ですが、これをイラストや写真にも応用したのがNFTですね。

このブロックチェーンという技術がいろいろあるのですが、Openseaはたくさん対応しています。

ETH(イーサリアム)、MATIC(マティック)、Klaytn(クレイトン)、Tezos(テゾス)など。

Openseaで一番やりとりが多いのはイーサリアムですかね。次にマティック。

(マティックに関しては、ポリゴンの方が聞き馴染みがあるかもですが、ポリゴンの独自通貨がマテックです)

OpenSeaの使い方

OpenseaにはNFTを購入する、販売するという2とおりの使い方があります。

ちょっと作品を見てみたい、という人は見るだけならアカウント作成とかをしなくてもできるので、以下のリンクからどうぞ。

>> Opensea公式サイト

「Stats」から「Rankings」か「Activity」を押すと、今売れてるNFTを見ることがきますよ。

NFTを購入する場合

いくつか手順があり、順番に説明してきます。

  • 手順1:仮想通貨の口座を開設
  • 手順2:MetaMaskでウォレットを作成する
  • 手順3:MetaMaskとOpenseaを接続
  • 手順4:NFTを購入する

口座とMetaMaskをすでに作っている人は、手順1と手順2をすっ飛ばしてください。

手順1:仮想通貨の口座を開設

取引には仮想通貨を利用するので、まずは口座を開設してください。

シュア
シュア

おすすめの取引所は、初心者でも利用しやすいコインチェックです!

開設の仕方は以下の記事にて、説明しています。

手順2:MetaMaskでウォレットを作成する

Openseaはウォレット(仮想通貨の財布みたいなもの)を接続する必要があり、今回は利用者が多いMetaMaskで紹介します。

Openseaだけでなく、いろんなとこで使えるので、MetaMaskは作っておいたほうが楽です。

口座開設と比べて簡単なので、わりとすぐできますよ。

手順3:MetaMaskとOpenseaを接続

>> Opensea公式サイト

Openseaのトップ画面から右上のサイフマークをタップ、「MetaMask」を選択してください

MetaMaskが起動するので、「次へ」を押してください

「接続」をタップ

すると以下の画像のような画面になるので、「Accept and sign」をタップ

またMetaMaskが起動するので、「署名」をタップしましょう

これで、接続完了です!同時にアカウントも自動で作成されます。

手順4:NFTを購入する

今回は、試しに「Explore」から「All NFTs」を選択してみます。

「Music」や「Photography」などジャンルでも選べますね。

たくさんNFTが表示されましたが、赤枠で囲んだ部分が価格です。

また、価格の横にダイヤのかけらみたいなマークがありますが、色によって意味合いが変わってきます。

  • 黒:固定価格ですぐ買える
  • ピンク:オークション形式ですぐには買えない
  • 紫:ポリゴン(MATIC)で買える

欲しいNFTをクリックします。

この場合だと、0.05ETHなので、8300円(2022年6月現在)くらいですね。

口座からMetaMaskにETHを送金しておきます。

「Buy now」を押してください。

「Checkout」 を押すと、MetaMaskが起動するかと思いますので、署名して購入完了です!(写真を撮り忘れていたので、NFTがさっきと変わっていますが、お気になさらずw)

NFTを販売する場合

NFTを作って売ってみたい!という人は以下の記事にて詳しく解説しているので、ぜひご覧くださいませ。

手順としては、

  • 1:素材を用意する
  • 2:説明を入力する
  • 3:ボタンを押してNFTを作る
  • 4:価格を設定して売る

これだけです。

OpenSeaに関する質問まとめ

さいごに、Openseaでよくある質問に答えていきたいと思います。

Openseaはスマホでも使える?

使えます。アプリがあるので、ダウンロードしてみてください。ただ、偽物とかもあるようなので、気をつけてくださいね。

ガス代ってなに?

ガス代はネットワーク使用料みたいなものです。NFTを売るときも、買うときも発生します。ただ、利用するブロックチェーン(仮想通貨)の価格に連動するので、ETHだと割高ですし、ポリゴンだと安めです。

Openseaの運営会社はどこ?

2017年に設立されたOpensea社です。アメリカにあります。

タイトルとURLをコピーしました